サントリー ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉

スポンサーリンク
記事トップ

今回は3月1日に発売された、サントリー 「ザ・プレミアム・モルツ〈香るエール〉」を飲んでいこう。

premoru-kaoruale-main

プレミアムビールの王様が、エールビールで新登場ですよ!

筆者はこの「香るエール」という名前にビビッ!ときてました。去年発売された、同じプレミアムモルツシリーズの「芳醇エール」というオレンジの缶が発売になっていて、これがもうなんともいえない香りとコクだったのです。

新しい商品を飲んでみたいがため1つの銘柄を買い続けることはあまりないのですが、芳醇エールは結構買ってしまいましたねぇ。

でもま、今回期待するといてっも共通点は「エール」なだけで、サントリーさんはこのとろころよくエールタイプのビールを出しているような気がします。

飲む前に念のためどのようなビールか復習しておきますと「希少なダイヤモンド麦芽」「厳選した良質なファインアロマホップ」「素材のうまみを引き出す天然水100%仕込み」という、「マジで?いつもと一緒!」と絶句してしまう内容でした。サントリーは言葉でビールを表現するということを放棄してしまったのかもしれません。そりゃ細かい事書いてもわからないだろうけれども、どのシリーズも同じじゃあねえ。さすがにねえ。

でもうまけりゃいいんです。まずグラスに注いで香りをかいでみます。うん、たしかにフルーティーさはあります。色はエールにしては少し薄目でしょうか。早速飲んでみます。まず口の含み感ですが、これはサントリーらしいですねえ、とげとげしたものがないです。少しガスのきめがあらい感じがします。

次に飲み込んだあと立ち上る香りすが、これは期待したほどではありませんでした。「香り」を冠しているくらいだから結構たってくるのかなと思ったら控えめ。でも、悪くはありません。ただ・・・これはホップの香りですかねえ。オリジナルのプレモルと比べるとたしかに質は違うんですが、フルーティーな感じが足されてる分なんかどっちつかずな香りになってるような気がします。

コクに関してはさっぱり目。よくも悪くも「プレモルさ」をあまり感じない商品でした。

プレモルほどのメインブランドを張る商品の開発は大変だと思いますが、特に限定とも書いていないので標準ラインナップに加えられるのでしょうか。それなら、今回のような飲みやすいプレモルもあって、それが好きになった人たちを「プレミアムモルツファン」として取り込めるなら作戦としてアリかなぁと思いました。

私の好みではレギュラーのほうが好きですが、ビール好きな人には是非飲んでほしいですねえ。

カクヤスデリバリーアイコン

↓カクヤスさんではビール1本から送料無料最短1時間で配達してくれますよ!

スポンサーリンク
記事終わり
記事終わり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存