キリン 一番搾り 小麦のうまみ

スポンサーリンク
記事トップ

今回は3月24日にキリンから発売された「一番搾り 小麦のうまみ」を飲んでいこう。

kirin-komuginoumami

いやー、出ましたね。結構前から話題にはなってたんですよ。キリンが限定醸造で一番搾りの新しいのを出すってのは。キリン大好き、一番搾り大好きな私としては、大いに期待してました。「一番搾り」として出すのは、自信の表れではないかなと思ってましたので。

もちろん「一番搾り」はブランド名であり製法です。もうCMで聞き飽きてると思いますが、一番搾り麦汁しかつかわないということですね。ビールは基本的には大麦を原料にしているのですが、小麦も使ったということですね。

小麦を使ったビールそのものは珍しくなくて、よく「白ビール」とかいわれたりします。ベルギービールのヴィットや、ドイツビールのヴァイツェンなどが有名でしょうか。ベルギービールはここからフレーバーにコリアンダーなどが入ってきますが、今回の「小麦のうまみ」は他の原料ははいってなく、いさぎよく「麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ」と書かれています。

これは期待できますね。早速のんでみましょう。

うん・・・色は若干薄いですがわからない範囲。このヘタらない泡!早速飲んでみる・・・あー、うまい、のどごしがいい、ん?やわらかな含み感の中にややフルーティな薫りがぬけるのは小麦独自の感じですかね。飲み込んだあとは舌の上にかすかな甘みとうっすらホップ。後味もさっぱりです。とはいえ、飲み心地には、ほどよいどっしり感もあり、「あ、ビール飲んだな!」とハッキリわかるほどです。

そして、小麦の特性かはわからないんですが、泡がへたりませんねえ!ずっと残ってます。

ビールの泡ってよくみると2層あるんですよ、是非みてみてください。上層の大きく荒い泡、下層の細かい泡。上の泡はちょっと苦いんですよね。大事なのは下の泡。この泡があればビールはずっとおいしい。でもね、下の泡がきえてしまって、上の苦い泡だけがのこっちゃうんです、普通のビールは。

でも、これは両方きえませんねえ。ということは上手に注げば、ほぼ細かい泡だけで、ずっと残るということですね。これはいいゾー!

これはですねー、相当うまいと思いますよ。

うまいビールは、リッチなプレミアム系というイメージあると思うんです。プレモルとかヱビスとか。でもこれは逆で、ライトなプレミアムという感じです。重くないんです。むしろ軽いんです。そしてほのかな甘みが口全体を包む。こんなビールはいままでなかったと思います。

軽いプレミアム、一度飲んでみてください。オススメします。

ただまぁこれは仕方ないんですけど、新ジャンルでもなく発泡酒でもなく普通のビールなので、お値段ちょっとお高め。とはいえ普通のビールの値段なのでご安心を。一応限定扱いなので、なくなるまえに飲んでください!

カクヤスデリバリーアイコン

↓カクヤスさんではビール1本から送料無料最短1時間で配達してくれますよ!

スポンサーリンク
記事終わり
記事終わり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存