サントリー クラフトマンズビア 緋色の芳醇

スポンサーリンク
記事トップ

今回は、3月10日にサントリーから発売された「サントリー クラフトマンズビア 緋色の芳醇」を飲んでいこう。

hiironohoujyun

売り場でみかけたとき、「ん?なんて読むの?」と思わず手をとってしまった。「緋色(ひいろ)の芳醇」だそうです。イオングループ限定商品です。このクラフトマンズビアシリーズ、なんかこれまではうーん、っていうのが多かった記憶があるんだけど飲んでみよう。

うーん、飲みやすい・・・といえば褒め言葉だけど、麦芽100%にしてはちょっと腰が弱いのでは・・・前の「褐色の余韻」よりさらにイマイチ度が・・・いやこのあたりは好みなんでしょうけど、麦芽とホップだけで特に副原料も使ってないのにこんだけさっぱりしてるなんて・・・これは狙いだな!(と思いたい)

アルトタイプというのはアルトビールのことかな。色はエールらしい色なんだけど、これが緋色なのかな。赤オレンジみたいな。

サントリーと言えば自慢の天然水仕立てで味はどっしり、飲み口さっぱりってのが多いとおもうんですが、これは全部さっぱりにしちゃった感じ。味の重いビールは苦手な人もおいけどビールとしてはあまり麦が主張してこない分、万人受けするところを狙ってるのかな?

しかしま、大量に陳列してましたからね、イオンにいったらいやでも目に入ると思いますよ。

でもビールだからお値段はそれなり。最近は新ジャンルでも美味しいの多いから・・・この味なら無理に「ビール」買わなくても・・・とおもっちゃいますね。

カクヤスデリバリーアイコン

↓カクヤスさんではビール1本から送料無料最短1時間で配達してくれますよ!

スポンサーリンク
記事終わり
記事終わり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存